公明党 江戸川総支部
公明党 江戸川総支部
FLASH

トピックス


9月1日「防災の日」記念の江戸川総支部街頭演説会を実施 NEW

8月26日(土)12時より、「防災の日」・「防災週間」にちなみ、江戸川総支部として東京メトロ東西線・西葛西駅にて街頭演説会を実施致しました。 今回は災害時に「命を守る」ための家の片づけについてのチラシを配布しながら、上野都議会議員と地元の伊藤照子区議会議員が挨拶に立ちました。公明党がこれまで女性の視点を活かした防災対策をリードしてきた実績や取り組みを御紹介させていただきました。





区内各種団体との要望ヒアリング及び意見交換を行う区政懇談会を実施 NEW

平成30年度の区予算に反映すべく、区内28団体との意見交換を兼ねた要望ヒアリングを本年も勢力的に開催致しました。7月31日から8月3日までの4日間を中心に、各団体の皆様の区政に対する熱い期待や、これからの江戸川区への提案・要望など多岐にわたるテーマを巡って意見交換を行いました。それらを踏まえ、来年度予算に、区民の生活向上のための提案・要望をしっかりと行って参ります。





平成29年(2017年)東京都都議会議員選挙【平成29年7月2日投開票】 NEW

7月2日に投開票された都議会議員選挙におきましたは、公明党に対し、暖かなご支援をいただき、都議会公明党23名全員の当選を果たすことが出来ました!
江戸川区選挙区での結果は、こちら
(江戸川区ホームページ、「最近行われた選挙の開票結果」から)



平成29年第2回江戸川区議会定例会【平成29年6月12日〜6月27日】 NEW

本会議では、区議会公明党から中道 貴、太田 公弘の2名が質問に立ちました。いずれも今後の重要な区政の課題を取り上げ、区長および区執行部から丁寧な答弁がありました。

≪質問項目≫


■中道 貴 【6月14日】 代表質問
【1】 公共施設の再配置と今後の整備について

(1) 50年間の変化についてどのように分析されるか
Q.人口増加に伴い行政需要が拡大した昭和30年と比較し、現在の生活スタイルや少子高齢化の進行、行政の役割などの変化についてどのような分析をしているか。また、統廃合や施設の複合化等さまざまな方策の検討を。
A.公共施設の再配置は本庁舎の移転や人口構造の変化、さまざまな社会変化への対応、財政的な問題など、幅広く議論していく必要があると考えている。

(2) 施設整備に対する様々な方策について
Q.施設運営の効率化を図ることで維持管理経費を削減するなど、長期的な視点に立った財政の平準化の取り組みを。
A.すべての公共施設を現状通りに建替えた場合、3000 億を超える費用が必要となるため、民間との協力などを検討していく。

(3) 財政の平準化について
施設運営の効率化を図ることで維持管理経費を削減するなど、長期的な視点に立った財政の平準化の取り組みを。



【2】 本庁舎移転後の跡地利用について/街づくりの夢について
Q.本庁舎跡地に中央地域の区民課機能や健康サポートセンターなどの機能集約を図るとともに、グリーンパレス等の一部機能を複合施設として一体化することで、新たな賑わいを創造することができると考えるが、庁舎移転後の跡地利用についての考えは?
A.庁舎跡地の活用は地元の要望を踏まえ、賑わいのある複合施設建設に向けて幅広く議論していく。



【3】 セントラルコースト市との今後の交流について
Q.昭和63年に姉妹都市締結をしてから教育・文化・産業など、幅広く交流を行ってきたゴスフォード市が昨年 5月にワイオン市と合併し、新たにセントラルコースト市となったが、今後の都市交流についての考えは?
A.セントラルコースト市を訪問し、ゴスフォード市の関係者からは関係の継続の要望を聞くことができたが、ワイオン市の関係者との協議はこれから。9月の選挙で市長が選ばれてから姉妹都市盟約の再締結にむけ、力強く取り組んでいく。



【4】 江戸川区男女共同参画推進計画について

(1) 推進計画の重点について
Q.2007年に策定された「江戸川区男女共同参画推進計画」の成果や課題を踏まえ、今年3月に策定された2017年からの「江戸川区男女共同参画推進計画」で重視する点は?
A.区民会議での提言を踏まえ、ワークライフバランスの推進や性的マイノリティへの理解など、今日的な課題に対する視点を加えて作成した。今後はあらゆる世代で差別なく、男女問わず互いに尊重できる社会に向け、区民・事業者・関係機関と連携し推進していく

(2) 人権教育や意識啓発について
Q.男女共同参画の実現のために重要な人権教育や意識啓発の進め方は?
A.人権教育の全体計画と年間指導計画に基づき、全小中学校で人権教育を行っている。教員に対しては年に4 回人権教育研修を実施しており、今年度は女性を取り上げた研修を行い、男女共同参画への正しい理解と子どもたちへの正しい指導に努める。



【5】 就学援助における新入学児童・生徒学用品費の入学前支給について
Q.文部科学省の「要保護の援助費補助要綱」の改正を踏まえ、本区においても要保護と同様、準要保護に対して新入学児童・生徒学用品費の小・中学校の入学前支給を
A.入学前支給の場合、前々年の収入で審査認定するなどの課題があり、公平性の観点を踏まえ、現状のやり方を続けていく。



【6】 熟年ふれあいセンター事業、熟年いきいきトレーニング事業について
Q.平成 27年 4月の介護保険法の改正等による熟年ふれあいセンター事業や熟年いきいきトレーニング事業の廃止について利用者への今後の周知やきめ細かい対応の進め方は?
A.今後の周知ときめ細かい対応についてふれあい事業に代わる一人一人に合ったサービスを個別に紹介するとともに、事業を委託している関係機関に対しても新たな介護保険法の枠組みの中で事業継続の要望をしている。また、NPOやボランティア団体にも参加いただけるように検討していく。


■太田 公弘 【6月15日】 一般質問
【1】公共施設の避難所としてのあり方について
Q.「避難所補完施設」となる公共施設における災害時の受け入れ体制や運営訓練、また区職員と業務管理者や指定管理者との連携など今後を見据えた在り方についてどのような取り組みをしていくのか?
A.避難所補完施設の指定管理者等は協定等に基づき、災害時の対応を行う。また、実践訓練を重ねながら実効性を高めていく。



【2】本区の「動物の殺処分ゼロ」への取組みについて
Q. 本区として、動物愛護の観点から「動物の殺処分ゼロ」に向けて、そのための意識啓発など広く区民に浸透させていくような取り組みを進めて行かなければならないと考えるが今後区としてどのように取り組むのか?
A.さまざまな方法で動物愛護の精神を啓発している。地域の協力のもと実施している「飼い主のいない猫対策」が区内全域に広がるようボランティア等と協力し取り組んでいく。



【3】産後うつ予防のための産婦健診の導入について
Q.産後ケア事業をいち早く取り入れ、妊娠・出産・子育てまで切れ目のない支援を行っている本区として、国の産後うつ予防のための健診費用助成開始を受け、産後うつ予防のための産婦健診導入をすべきではないか?
A.妊婦全数面接や新生児訪問等の切れ目のない支援によりメンタル状況を把握し、必要に応じて産後ケア事業などの支援をしている。妊婦健診は事業を実施する中で必要性を見極めながら研究していく。



【4】本区のひとり親家庭支援を含めた、子どもの成長支援について

(1) 「なごみの家」でも行っている「子ども食堂」の実態について
Q.昨年度からなごみの家でも実施されている「子ども食堂」の区内の状況はどうか?
A.開催方法や実施内容はさまざまであるが、なごみの家のボランティアや町会・自治会など多くの方の協力のもと、区内12 ヵ所で子ども食堂が実施されている。

(2) 子どもの成長支援事業の今後の拡充について
Q.本当に支援が必要な子どもたちを支援するための今後の成長支援の進め方は
A. 学習支援や居場所事業などを実施しており、今後も地域等と協力し、子どもたちの健やかな成長のための取り組みにまい進していく。



【5】学習障がいの子ども達への今後の支援について

(1) 特別支援教室の巡回支援教員には学習障がいについての知識や指導方法の向上が必要であるが、今後の取り組みは?
障害種別に応じた研修などを行い、教員の専門性の向上を図っている。また、都が主催する研修への積極的な参加を促している。

(2) 全教職員の発達障害に対する理解促進や巡回支援教員と学校の連携体制の構築のための今後の取り組みは?
平成28年度から特別支援教育講習会を実施し、管理職等から全教員に対して伝達研修を行っている。今後、教員を対象とした説明会を実施し、巡回指導教員と各学校の教員の連携について意識を高めていく。

(3) プライバシーに配慮した上で、発達障害児童の事例などを共有し、支援の場で活用を特別支援教育の研修会で実践事例を取り上げ、教員同士が指導方法等について話し合う機会を設けていく。また、教員が自主的に学ぶ研究会においても、実践事例等を共有できる機会を設けられるよう働きかけていく。



【6】小松川・平井地域の今後の展望について
小松川・平井地域は再開発等でさまざまな変貌を遂げてきた一方で、小松川区民館や小松川図書館などの老朽化が進む公共施設の建替え等の課題があるが、小松川・平井地域の公共施設の再配置を含めた今後の展望は?
駅に近く非常に発展性のある土地柄であり、議会や区民と良く議論し進めていく。



Edogawa Komei 2017春季号が完成しました  【平成29年3月13日】



区政報告より拡大してご覧いただけます。


平成29年第1回江戸川区議会定例会【平成29年2月21日〜3月24日】

≪平成29年度予算特別委員会≫
平成29年度予算特別委員会(2月27日〜3月13日)が開催され区議会公明党からは、関根麻美子(委員長)、竹平智春、太田公弘、窪田龍一、竹内 進、川瀬泰徳の6名が予算審査に臨みました。



≪本会議≫
本会議で区議会公明党からは、川瀬泰徳、堀江創一、所 隆宏の3名が質問に立ちました。

≪質問項目≫


■川瀬 泰徳 【2月23日】 代表質問
  1. 多田区長の今後の区政運営を問う
    1. 児童相談所の早期開設について
    2. 保育士の確保、処遇改善について
    3. 北小岩一丁目東部地域内の区有地の活用について
  2. 「日本手話言語条例」の制定について
  3. 江戸川区の重症心身障害児保育について
  4. 東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた本区の施策について
    1. 本区のさらなる発展に繋がるレガシー創出に向けての取組みについて
    2. 「チャレンジデー2017」に本区がチャレンジする意義と効果について
    3. 本区における障がい者スポーツの振興について
  5. 東部地域の諸課題について
    1. 昨年の第1回定例会での区長答弁から1年、各計画の進捗状況について
      1. 江戸川二丁目の新交通公園
      2. 江戸川四丁目に建設予定の防災公園
      3. 東篠崎団地の建替え後に創出される土地に50mの温水プール
      4. スポーツランドのスケート場の通年化
    2. 江戸川清掃工場の建替えについて
      1. 災害時にどう対応できるのか、施設の強靭化と地域の防災にどう貢献できるか
      2. 江戸川消防団の操法大会や事前練習にはこれまで通り使用可能か
    3. 「区立くつろぎの家」の今後について
    4. 都県橋対策の優先順位について、補助143号線の橋を優先すべき

■堀江 創一 【2月24日】 一般質問
  1. 地域包括ケアシステムの今後の取組みについて
  2. 小・中学校における新たな特別支援教育について
    1. 小・中学校の特別支援教室の全校配置について
    2. 小・中学校における発達障害の児童・生徒への今後の取組みについて
  3. 子どもたちの「心のバリアフリー化」の推進について
  4. 小・中学校トイレの洋式化について
  5. 仮称「松島コミュニティ会館」の早期整備について
  6. 京成小岩駅周辺の街づくりと立体交差事業の早期実現に向けて

■所 隆宏 【2月24日】 一般質問
  1. 今後の本区の公共交通について
  2. 高齢運転者事故防止の取組みについて
  3. 高齢者虐待防止の取組みについて
  4. インターンシップ事業の支援について
  5. 葛西三枚洲のラムサール条約への登録について




新春街頭演説で2017年が始動! 【平成29年1月1日】
上野和彦総支部長(都議会議員)を先頭に、13名の区議会議員全員が参加し「新春街頭演説会」(JR小岩駅南口)を行いました。首都決戦の本年、大勝利を目指し団結第一で前進して参ります。





平成28年第4回江戸川区議会定例会
【平成28年11月29日〜12月13日】

本会議で区議会公明党からは、鵜沢悦子、竹平智春、佐々木勇一の3名が質問に立ちました。

≪質問項目≫


■鵜沢 悦子 【12月1日】 代表質問
  1. 今後の区政運営について
    1. 今後の万全な保育体制について
      1. 退職不補充としてきた保育士採用の今後の方針について
      2. 保育士の質の確保について
      3. 保育士確保への具体的な取り組みについて
    2. 学校統廃合による後利用について
      1. 今後の学校統廃合による後利用の考え方について
      2. 旧清新第二小学校の後利用の公募について
  2. 東北大学国際会計政策大学院とのさらなる連携について
  3. 新公会計制度の今後の運用・活用について
  4. インフラの予防保全について
  5. 放射第16号線の千葉県側への早期開通について

■竹平 智春 【12月2日】 一般質問
  1. 受動喫煙防止策について
  2. 高齢者を地域で見守り支え合うネットワークについて
    1. 見守りキーホルダーの活用について
    2. 高齢者を見守り支えている団体のPRについて
  3. 認知症対策のさらなる取り組みについて
    1. 認知症行方不明者の捜索・見守りについて
    2. キャラバン・メイトの増員について
    3. ステップアップ講座の開催について
  4. 「ひきこもり」の社会復帰支援について
  5. 瑞江駅の駐輪場整備について

■佐々木勇一 【12月2日】 一般質問
  1. 江戸川区教育大綱について
    1. 基本目標に込めた思いについて
    2. 「子どもの学習支援」について
    3. 「学校教育の充実」について
  2. 防災対策について
    1. 医療要配慮者に対する避難行動への支援について
    2. 備蓄物資の拡充について
    3. 区立小・中学校等におけるスタンドパイプの配備について
    4. 避難所運営について
    5. 地区防災計画について
  3. 本区の記録遺産として区民が保有する映像や写真等の活用を
  4. 吃音症や場面緘黙症の方への支援について



Edogawa Komei 2016冬季号が完成しました     【平成28年12月1日】



区政報告より拡大してご覧いただけます。


平成28年第3回江戸川区議会定例会【平成28年9月26日〜10月27日】
≪決算特別委員会≫
決算特別委員会(9月30日〜10月17日)が開催され区議会公明党からは 鵜沢悦子(委員長)、佐々木勇一、竹平智春、太田公弘、窪田龍一、田中淳子の6名が決算審査に臨みました。



≪本会議≫
本会議で区議会公明党からは、田中淳子、関根麻美子の2名が質問に立ちました。

≪質問項目≫


■田中淳子 【9月28日】 代表質問
  1. 今後の区政運営について
  2. 大規模水害及び豪雨対策について
    1. 大規模水害避難に対する今後の具体的取り組みについて
    2. 豪雨対策の更なる取り組みについて
  3. 「手話言語条例」の制定について
  4. 2020年オリンピック・パラリンピックにおいて本区で開催予定のカヌースラローム競技への取り組みについて
    1. カヌー競技への啓発について
    2. 新左近川親水公園におけるカヌー場の整備について
  5. 食品ロス削減に向けての取り組みについて
    1. 家庭でできる普及啓発の強化について
    2. 食育推進連絡会等を通して食品ロス削減の取り組みについて
    3. 学校給食や環境教育等における食品ロス削減の取り組みについて
  6. 英語・道徳の教科化について
  7. 学校用務員の民間委託について

■関根麻美子 【9月29日】 一般質問
  1. 児童相談所の移管について
  2. 子どものB型肝炎ワクチンについて
  3. 各種健診の受診促進への更なる取り組みについて
    1. 区民健診について
    2. がん検診について
  4. 一人暮らしの熟年者を支える仕組みについて
    1. 「なごみの家」の今後の方向性について
    2. 「なごみの家」の運営のありかたについて
  5. 熊本地震の教訓による今後の災害対策について
    1. 早期に着手しなければならない課題について
    2. 罹災証明の発行について
    3. 女性の視点を生かす避難所運営について
  6. 読書教育の今後の方向性について
    1. 読書科の成果と課題、今後の取り組みについて
    2. 「学校司書」の更なる拡充について
    3. ビブリオバトルの積極的な開催について


※本会議や決算特別委員会のインターネット中継(ライブ・録画)がパソコンでご覧いただけます。



公明お知らせ121号が完成しました     【平成28年9月10日】



区政報告より拡大してご覧いただけます。


平成28年第2回江戸川区議会定例会
【平成28年6月9日〜6月21日】

本会議で区議会公明党からは、竹内 進、堀江創一、所 隆宏の3名が質問に立ちました。

≪質問項目≫


■竹内 進 【6月13日】 代表質問
  1. 災害対策について
    1. 今後の災害対策の基本的な考え方について
    2. 強靭な地域づくりの取組みについて
    3. 高台避難所について
  2. 子育てサポートの充実について
  3. 「チームとしての学校」の在り方について
    1. 教員の指導体制の充実について
    2. 小・中学校における専門性に基づくチーム体制の構築について
    3. 小・中学校におけるマネジメント機能の強化について
    4. 部活動外部指導員の拡充について
  4. 学び直しの支援について
  5. 松島4丁目の都有地について

■堀江創一 【6月14日】 一般質問
  1. 待機児童の解消について
    1. 待機児解消に向けての取組みについて
    2. 保育コンシェルジュの導入について
  2. 認知症サポーターの養成について
    1. 普及啓発の促進について
    2. 「認知症サポーター」のスキルアップについて
  3. 鉄道各駅ホームドアなどのバリアフリー対策について
  4. 踏切道内の安全対策について
    1. 踏切道内の拡幅など安全対策について
    2. 立体交差事業の見通しについて

■所 隆宏 【6月14日】 一般質問
  1. 都県橋(補助286号線・143号線)の整備について
    1. 都県橋早期実現にむけた区長の思いについて
    2. 補助286号線のまちづくりについて
  2. 生活困窮者自立支援法の更なる取組みについて
    1. 生活困窮者の早期発見について
    2. 連携の強化について
    3. 「支え合う地域づくり」について
  3. スポーツ施設について
    1. 臨海球技場第一の改修工事について
    2. 臨海球技場第一の駐車場について
    3. スポーツ施設での広告事業について
  4. 駐輪場の課題について
    1. 自転車の多様化を踏まえた、今後の本区の駐輪対策について
    2. 篠崎駅駐輪場の拡充について



公明お知らせ120号が完成しました     【平成28年4月9日】



区政報告より拡大してご覧いただけます。


平成28年第1回江戸川区議会定例会【平成28年2月19日〜3月23日】
- 平成28年度予算特別委員会 -
平成28年度予算特別委員会(2月25日〜3月9日)が開催され区議会公明党からは、
堀江創一(副委員長)所 隆宏、関根麻美子、竹内 進、川瀬泰徳の5名が予算審査に臨みました。



- 本会議 -
2月23・24日に行われた本会議で区議会公明党からは、川瀬泰徳、窪田龍一、太田公弘の3名が質問に立ちました。

≪質問項目≫


■川瀬泰徳 【2月23日】 代表質問
  1. 多田正見区長の今後の区政運営、将来のビジョンを問う
  2. 2020東京オリンピック・パラリンピックについて
    1. カヌー・スラローム競技の気運醸成のための施策について
    2. 障がい者スポーツの更なる充実について
    3. 公衆無線LAN(Wi―Fi)の整備について
  3. 子育て支援、熟年者支援、子どもの貧困対策について
    1. 子育て支援の強化、推進を問う
    2. 「なごみの家」について
    3. 子どもの貧困対策について
  4. 障がい者施策のさらなる推進について
    1. 障がい者の「親亡き後」のグループホームについて
    2. 障がい者の就労支援について
  5. 「貢献的行動者」を輩出するための取組みについて
  6. 東部地域の諸課題について
    1. 江戸川二丁目に「新たな交通公園」設置の方針について
    2. 江戸川二丁目の新交通公園に「レインボーサイクル」の設置を
    3. 江戸川二丁目の新交通公園に周辺施設や地域の要望を勘案した駐車場の設置を
    4. 江戸川四丁目の公園整備について
    5. 清掃工場の建替えにあたって防災拠点の位置づけと防災機能の充実を
    6. 江戸川消防団との連携について

■窪田龍一 【2月24日】 一般質問
  1. 若者をはじめとする有権者の投票率向上の取組みについて
    1. 誰もが投票しやすい環境作りについて
    2. 学校現場での主権者教育の充実について
  2. 多文化共生の取組みと外国人等の日本語習得について
    1. 「えどがわ10年プラン」の2つの柱の実現と文化交流等の取組みについて
    2. 日本語学級や日本語指導員事業拡充の学ぶ機会を増やす取組みについて
  3. 中小企業への今後の施策の継続と拡充の取組みについて
  4. 葛西小学校・葛西中学校改築について
    1. 保護者・地域の方たちへのきめ細やかな情報提供などについて
    2. 葛西中学校から清新第二小学校へのバス通学について

■太田公弘 【2月24日】 一般質問
  1. 江東5区大規模水害対策協議会の課題と展望について
    1. 協議会を立ち上げるに至った多田区長の想いは
    2. 具体的な広域避難の課題について
    3. 「縮災」の考え方について
    4. 区内での救援・救護体制について
  2. 本区の空き家対策について
    1. 今後の進め方について
    2. 地域との連携について
  3. 介護人材の確保に向けた取組について
    1. 周知の方法は
    2. 介護福祉士試験の実務者研修の受講料の助成を
    3. 介護保険施設などの運営法人への人材確保のための助成を
  4. 今後の本区内の公共トイレのあり方について
    1. 公共トイレの利用方法の多言語化を
    2. オストメイト対応トイレについて
  5. 地域猫活動への支援について
  6. 小松川・平井地域の福祉の拠点づくりについて



街頭演説で2016年のスタートダッシュ!! 【平成28年1月1日・11日】
公明党江戸川総支部並びに区議会公明党は、決戦の年2016年の開幕にあたり、「新春街頭演説会」(JR小岩駅南口)そして「成人の日記念街頭演説会」(JR新小岩駅南口)を意気軒昂に行いました。


新春街頭(小岩駅) 平成28年1月1日15時から


成人の日街頭(新小岩駅) 平成28年1月11日10時から



区民生活の更なる充実を!【平成27年12月9日】
12月9日、区議会公明党は、平成28年度予算に対する要望書を多田正見江戸川区長に提出しました。この要望書では、次世代育成支援策の充実をはじめ、地域振興や福祉、文化・教育の推進など、7分野141項目の要望が盛り込まれています。



【重点要望】
  1. 大規模水害対策の推進と、江東5区の広域連携の強化を。
  2. 熟年者・障がい者が安心して生き生きと生活できる、本区独自の地域包括ケアシステムの万全なる構築を。
  3. 東北大学「国際会計政策大学院」との連携強化と平井第二小学校廃校後に積極的な誘致を。
  4. 認証保育所の保護者負担軽減補助の実施を。
  5. 私立幼稚園等保護者負担軽減補助金及び乳児養育手当の堅持を。
  6. 子どもの貧困対策として、学習支援と居場所作りの充実を。
  7. 妊娠期から子育てまで切れ目のない支援として、江戸川版ネウボラの推進を。
  8. 若者と女性の活躍及び健康を支援する取り組みを。
  9. いじめや不登校対策として、Q−Uアンケートとスクールソーシャルワーカーの導入を。
  10. 学校図書館司書の配置とデータベース化の導入を。



平成27年第4回江戸川区議会定例会
【平成27年11月26日〜12月9日】

本会議で区議会公明党からは、鵜沢悦子、竹平智春、佐々木勇一の3名が質問に立ちました。

≪質問項目≫


■鵜沢 悦子 【11月30日】 代表質問
  1. 大規模水害時の対策について
    1. 荒川中堤の堤防強化について
    2. 水害時の避難対策について
  2. 教育におけるユニバーサルデザインについて
  3. 東北大学「国際会計政策大学院」について
    1. 平井第二小学校跡地の利用を
    2. 地域や地元企業との連携について
    3. 学生の本国への帰国後も本区との継続的な交流を
  4. 中小企業対策について
  5. 都市交流の今後の展望や課題について
  6. 自転車に絡む交通安全対策について

■竹平 智春 【12月1日】 一般質問
  1. 災害対策の更なる取組みについて
    1. 災害時における共助の取組みに対する行政の支援について
    2. 避難所となる小中学校への応急排水栓の設置と給水体制の仕組みづくりについて
    3. 避難所運営協議会の着実な推進と避難所開設・運営訓練の拡充について
  2. 健康意識の向上に向けた取組みについて
    1. 若い世代の健康への取組みについて
    2. 働く世代の健康への取組みについて
  3. 妊娠から出産、子育てへの切れ目のない支援について
    1. 健康サポートセンターの機能強化について
    2. 保健師の増員と温かな雰囲気の拠点づくりについて

■佐々木 勇一 【12月1日】 一般質問
  1. 総合教育会議および大綱について
  2. いじめに対するさらなる取り組みについて
  3. 児童虐待防止の推進について
  4. えどがわボランティアセンターについて
    1. えどがわボランティアセンターの今後について
    2. 災害時のえどがわボランティアセンターの機能強化について
  5. 文化・芸術の振興について
    1. 文化・芸術振興のさらなる展開について
    2. 文化・芸術における若い世代への支援について
    3. 東京オリンピック・パラリンピックに向けた子ども達に対する文化・芸術の取り組みについて
    4. 子ども達に美術館等で一流の美術に触れる機会を



平成27年第3回江戸川区議会定例会
【平成27年9月24日-10月27日】
決算特別委員会(10月1日〜15日)が開催され区議会公明党からは 竹内 進(委員長)、佐々木勇一、太田公弘、堀江創一、関根麻美子、鵜沢悦子の6名が決算審査に臨みました。



今回より決算特別委員会のインターネット中継(ライブ・録画)を開始しました。(パソコンでご覧ください。)

9月28・29日に本会議が行われ区議会公明党からは、田中淳子、窪田龍一、所 隆宏の3名が質問に立ちました。

≪質問項目≫


■田中 淳子 【9月28日】 代表質問
  1. 新庁舎及び大型公共施設の再構築について
  2. 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、本区としての展望について
  3. 小・中一貫教育の今後のあり方について
  4. 地域包括ケアシステムの構築について
    1. 地域包括ケアシステムの構築を図るうえで、本区の現状の課題について
    2. 多職種の連携について
    3. 口腔保健センターを地域包括ケアシステムに活用できる仕組みづくりについて
    4. ICTを活用したシステムの導入について
  5. 産後ケアの充実について
  6. 東部・篠崎地域の諸課題について
    1. 都市計画道路補助第143号線と千葉県行徳にかかる都県橋について
    2. 都市計画道路補助第143号線の交通安全対策について
    3. 都市計画道路補助第288号線の整備について
    4. 都市計画道路補助第288号線南篠崎区間の新たなバス路線について

■窪田 龍一 【9月29日】 一般質問
  1. 北葛西・西葛西地区の豪雨対策について
  2. 災害時要配慮者への取組みについて
    1. 災害時の要支援者名簿について
    2. 要配慮者避難支援計画の策定について
  3. 災害時協力協定の実効性について
  4. 水素社会に向けた取組みについて
  5. 母子健康手帳の電子化について
  6. 児童、生徒の不登校対策について
    1. 不登校対策の現状と課題について
    2. フリースクールについて
    3. 廃校後のフリースクールへの活用について

■所 隆宏 【9月29日】 一般質問
  1. 軽度外傷性脳損傷(MTBI)について
  2. 英語教育のさらなる充実について
    1. 学校教育の中での外国人とのふれあいについて
    2. 英語教育での小中連携について
    3. 地域の中での外国人との交流について
  3. 一之江名主屋敷について
    1. 歴史公園としての整備について
    2. 江戸川の文化を伝える取組みについて
    3. 無線LANの設置を
  4. 都市型「道の駅」について
  5. 松本橋の架け替えについて



募金活動に協力     【平成27年9月19日】
船堀駅北口で江戸川区東日本豪雨災害支援の会(日下部義昭代表)による街頭募金活動が行われ、上野都議会議員をはじめ区議会公明党の区議13名が参加協力しました。大勢の皆さんからお預かりした募金は日本赤十字社東京都支部へ寄託させていただきます。被災された皆様の一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。ご協力いただきました皆さま本当にありがとうございました。



区予算に対する各種団体要望ヒアリングを実施  【平成27年8月18日】
江戸川区の平成28年度予算編成に向けて、8月4日から各種団体要望ヒアリングを開催しました。
各種団体からのご意見・ご要望は9月から始まる第3回区議会定例会で取り上げるとともに、平成28年度予算の諸団体要望として、江戸川区の施策に反映させ、区民の生活の向上につなげて参りたいと考えています。



公明お知らせ119号が完成しました     【平成27年7月23日】



区政報告より拡大してご覧いただけます。


自転車盗撲滅大作戦を実施しました     【平成27年7月2-3日】
江戸川区の自転車盗の被害件数は昨年同時期と比較して増加しています。 7月1日から31日まで、各連合町会を中心に、地域団体・区・警察等が一丸となって自転車盗撲滅に向けた活動を展開中です。 江戸川区議会では、7月2日(木)と3日(金)の11時から12時まで、全議員が区民の皆さんが利用する8つの駅に集結し、自転車への施錠の呼びかけやチラシ配布などの街頭活動を展開しました。




平成27年第2回江戸川区議会定例会が開催されました
【平成27年6月25-26日】
区議会公明党からは、竹内進、関根麻美子、太田公弘の3名が質問に立ちました。

≪質問項目≫


■竹内 進 【6月25日】 代表質問
  1. 今後の区政運営について
  2. 2020年オリンピック・パラリンピックについて
    1. 今後の取組みについて
    2. 教育的効果について
  3. 災害対策について
  4. 空き家対策について
  5. 自転車の安全走行の取組みについて
  6. 今後の健康増進と地域医療について
  7. 今後のすくすくスクールの運営について
    1. 地域との関係について
    2. 捕食について

■関根 麻美子 【6月26日】 一般質問
  1. 子どもの貧困対策について
  2. 生活困窮者対策について
    1. 生活困窮者自立支援制度の周知徹底について
    2. ニーズに対応する任意事業の取組みについて
  3. 発達障がいの子供たちと親への支援について
    1. 早期療育につながる早期発見の取組みについて
    2. 親への支援について
    3. 児童放課後等デイサービスの充実について
  4. 子育て支援について
    1. 3歳未満の待機児対策について
    2. 病児・病後児保育の拡充について
  5. アクティブ・ラーニングの推進について

■太田 公弘 【6月26日】 一般質問
  1. 18歳選挙権と投票率アップに向けての取組みについて
    1. 主権者教育について
    2. 投票環境の推進を
  2. 防災行政無線の更なる充実について
    1. ケーブルテレビを活用した取組みについて
    2. デジタル化の推進について
    3. 「夕焼け小焼け」の放送を通年に
  3. 図書館カウンターの設置について
  4. 熟年者が活躍できる長寿社会構築に向けた本区の取組みについて
  5. 学校統合について
    1. 学校統合の今後の方針について
    2. 統合により閉校となった学校の跡地利用について
  6. 平井・小松川地域のバス交通について
  7. 旧中川の河川敷の整備について



募金活動に協力     【平成27年5月16日】
公明党江戸川総支部(上野和彦総支部長)は、「江戸川区ネパール大地震被災者救援の会」(日下部義昭代表)が都営新宿線・船堀駅前で行った街頭募金活動に参加協力しました。上野総支部長はネパールの現状について、「今月に入っても大きな余震があり、多くの人が屋外でのテント生活を余儀なくされている。医薬品や食料も不足している」と説明。「阪神・淡路大震災、東日本大震災の際にはネパールから多くの支援を頂いた。今度は本から恩返しをしたい」と、真心の支援を呼びかけました。「大変な状況なので、少しでもネパールの人たちの助けになれば」と募金に応じた親子など、多くの方のご協力を頂きました。


議員紹介


(イラストをクリックすると各議員のホームページが開きます。)
太田 きみひろ
竹内 すすむ
伊藤 てる子
くぼた 龍一
中道 たかし
佐々木 ゆういち
うざわ 悦子
関根 まみ子
竹平 ちはる
所 たかひろ
堀江 そういち
川瀬 やすのり
田中 じゅん子
議員・役員紹介

このページの先頭へ